憲章・ミッション・ビジョン実現とブランディング推進

法政大学憲章「自由を生き抜く実践知」を本学の教育・研究の基本に据え、ミッション、ビジョン、SGU構想の一体的な実現をはかることで、本学のブランドをより明確化し、社会的支持を拡げるとともに社会的評価を高める。

法政大学憲章、ミッション・ビジョン、目標案の策定(2014~2015)

HOSEI2030策定委員会(当該委員会は2016年度まで継続)

HOSEI2030策定委員会では、「ブランディング戦略会議」で取りまとめた本学のブランド提供価値をベースに協議を重ね、教育と研究の理想を創造的に追求し、社会的責任を果たしていくことを目的とした「法政大学憲章」を制定しました。

また、これに基づいた「教育」「研究」「社会貢献」のミッション・ビジョンを設定し、大学HP等で学内外に広く周知しています。

ブランディング全体構想の策定(2014~2015)

ブランディング推進戦略会議(2014~2015)

「法政大学憲章『自由を生き抜く実践知』を本学の教育・研究の基本に据え、ミッション、ビジョン、SGU構想の一体的な実現を図ることで、本学のブランドをより明確化し、社会的支持を拡げるとともに社会的評価を高める。」ことを目指して、ブランディング推進構想を策定しました。

ミッション・ビジョン実現のためのアクション・プランとロードマップの策定体制(2016)

「ミッション・ビジョン実現のためのアクション・プランとロードマップの策定」は、以下のアクション・プラン作業部会によって行われました。

アクション・プラン作業部会(持続可能社会構築に向けた研究体制)
  • 目的:持続可能社会構築に向けた研究体制整備のためのアクション・プランを策定する
アクション・プラン作業部会(若手育成のための大学院-研究所連携)
  • 目的:研究所と連携して若手研究者育成を促進するためのアクション・プランを策定する
アクション・プラン作業部会(校友ネットワークの世界展開)
  • 目的:校友ネットワークを世界的に展開するためのアクション・プランを策定する
付属校の将来ビジョンプロジェクト
  • 目的:付属校の戦略的位置づけと将来ビジョンを検討する
アクション・プラン作業部会(テニュア・トラック制度化)
  • 目的:大学教員に本学独自のテニュア・トラック制度導入のためのアクション・プランを策定する

ブランディング構想実現のためのアクション・プランとロードマップの策定体制(2016)

アクション・プランとロードマップの策定は、以下のアクション・プラン作業部会によって行われました。

ブランディング推進チーム
  • 目的:ブランディングのアクション・プランの実施を推進する
アクション・プラン作業部会(法政ミュージアムの実現)
  • 目的:本学の研究・教育資源を保存、公開し、研究の創造、ブランド発信、社会貢献を担う「法政ミュージアム(仮称)」の開設を準備する
アクション・プラン作業部会(法政スポーツ強化)
  • 目的:法政スポーツ強化のためのアクション・プランを策定する

実現したアクション・プラン

LINE LIVEによる番組「実践知情熱ラボ」を3キャンパスから配信(2016/8)

法政大学憲章を体現する研究・教育を紹介する番組「実践知情熱ラボ」を2016年8月20日に多摩キャンパスで、同22日に市ケ谷キャンパスで、同27日に小金井キャンパスでそれぞれ収録し、LINE LIVEにて生放送を行いました。

番組では、「自由を生き抜く実践知」を体現する教員や学生たちへのインタビューや、出演者が法政大学の教育や研究の世界を生で体験しました。

法政大学の「いま」を伝えるWebサイト「法政フロネシス」を開設(2016/10)

「教育」、「研究」、「グローバル」、「キャリア・就職」、「データで見る法政」、「伝統」の6つのテーマを軸とし、さまざまな角度から法政大学の「いま」をお伝えするWebサイト「法政フロネシス」を、2016年10月に開設しました。ぜひご覧ください。

このサイトをSNSでシェアする