ダイバーシティ化推進

本学が校風としてきた「多様性(ダイバーシティ)」の容認を一層推し進め、性別、国籍、年齢などにかかわらず、多様な学生・教職員の活躍の場が広がり、それぞれの能力が飛躍する大学を実現する。

全体構想の策定(2014~2015)

ダイバーシティ化委員会

「本学が校風としてきた『多様性(ダイバーシティ)』の容認を一層推し進め、性別、国籍、年齢などにかかわらず、多様な学生・教職員の活躍の場が広がり、それぞれの能力が飛躍する大学を実現する。」ことを目指してダイバーシティ化推進構想を策定しました。

構想実現のためのアクション・プランとロードマップの策定体制(2016)

アクション・プランとロードマップの策定は、以下のアクション・プラン作業部会によって行われました。

アクション・プラン作業部会(ダイバーシティ化推進)
  • 目的:「ダイバーシティ推進委員会」のすみやかな設置を準備する

実現したアクション・プラン

「ダイバーシティ宣言」の制定(2016/5)

「ダイバーシティ化委員会」で提案された案を踏まえて、大学として「法政大学ダイバーシティ宣言」を制定し、学内外に広く周知しています。

「法政大学ダイバーシティ推進委員会」の発足(2016/12)

「ダイバーシティ推進の目標設定、目標達成のための計画の企画、立案、点検及び評価等を行うことにより、法政大学憲章及びダイバーシティ宣言におけるダイバーシティを重視した大学運営の実現を図ること」を目的として「法政大学ダイバーシティ推進委員会」が発足し、すでに活動を開始しています。

このサイトをSNSでシェアする