教学改革とキャンパス再構築

社会環境の大きな変化のもとで本学の発展を図るために、教育研究体制の再編成を含めた「大括り化」を進め、大学としての特徴の明確化と総合大学としての多様性強化を調和的に図るとともに、空間の効率的活用を進める。また、教育・研究環境の公平性に留意しつつ、大学3キャンパスの特性を活かしたキャンパス再構築を図り、多摩キャンパスの既存学部や教育研究組織の一定部分を、市ヶ谷キャンパスないしはその近隣に集約する。

全体構想の策定(2014~2015)

キャンパス再構築委員会

「社会環境の大きな変化のもとで本学の発展を図るために、教育研究体制の再編成を含めた『大括り化』を進め、大学としての特徴の明確化と総合大学としての多様性強化を調和的に図るとともに、空間の効率的活用を進める。また、教育・研究環境の公平性に留意しつつ、大学3キャンパスの特性を活かしたキャンパス再構築を図る。」ことを目指して、教学改革を含めたキャンパス再構築の構想を策定しました。

構想実現のためのアクション・プランとロードマップの策定体制(2016)

アクション・プランとロードマップの策定は、以下のアクション・プラン作業部会によって行われました。

アクション・プラン作業部会(教学改革推進1~大括り化)
  • 目的:学部・研究科の大括り化を進めるためのアクション・プランを策定する
アクション・プラン作業部会(教学改革推進2~授業科目のスリム化)
  • 目的:授業科目数スリム化のためのアクション・プランを策定する
アクション・プラン作業部会(教学改革推進3~大規模授業のオンライン化システム構築)
  • 目的:大規模授業のオンライン化のシステム構築に向けたアクション・プランを策定する
アクション・プラン作業部会(教学改革推進4~アクティブラーニング・実践知育成の学び)
  • 目的:アクティブ・ラーニングをはじめとするさまざまな方法を通じて、法政大学憲章に掲げる実践知を育成する学びを進めるためのアクション・プランを策定する
アクション・プラン作業部会(教学改革推進5~社会人の学び直し・市民教育)
  • 目的:社会人の学び直しや市民教育といった多世代にわたる、多様な人々の学びを積極的に展開するためのアクション・プランを策定する
キャンパス再配置のためのアクションプラン策定
  • 目的:キャンパス再配置の実現に向けたアクション・プランを策定する

このサイトをSNSでシェアする