長期ビジョン実現のためのガバナンス改革

本学の今後の大学運営ならびに長期ビジョン実現のために、改革期をリードする実行力ある大学運営体制ならびにHOSEI2030推進体制を整備し、教授会自治を基盤とした本学本来の大学運営を維持しつつ、適切な手続きとテンポで全学的改革を実施する。

長期ビジョン実現のためのガバナンス改革(2015)

役員の在り方検討委員会

「本学の今後の大学運営ならびに長期ビジョン実現のために、改革期をリードする実行力ある大学運営体制ならびにHOSEI2030推進体制を整備し、教授会自治を基盤とした大学運営を維持しつつ、適切な手続きとテンポで全学的改革を実施する。」ことを目指して、寄附行為等の改正の勧告を含む最終報告を取りまとめました。

実現したアクション・プラン

寄附行為の改正

「役員の在り方検討委員会」の最終報告書に基づいて、2017年4月より寄附行為を改正しました。

このサイトをSNSでシェアする